多くの協会がある

マジメに受ける

nlp協会のうち日本で有名なのは主に2つあります。1つは米国nlp協会、もう1つは全米nlp協会です。 nlpは1970年代にアメリカで誕生した実践心理学ですが、創始者がnlpの名前を特許として取らなかったために協会が分裂し、今では数種類のnlp協会が存在しています。米国nlp協会は創始者がつくった協会なので、nlpの最も本質的なことが学べるところではあると思います。全米nlp協会は創始者と一緒にnlpをつくっていたうちの一人がより現代的な手法を取り入れて独立した団体と言えるので、よりテクニカルなことが学べるでしょう。 協会が違うと考え方や教え方も異なってくるので、複数の団体で勉強するときには違いに注意するといいと思います。

nlpの協会で有名なのは、創始者であるリチャードバンドラーがつくった米国nlp協会とそのでしであるタッドジェームスがつくった全米nlp協会です。他にも共同創始者であるジョングリンダーが立ち上げた協会や世界で10人ほどしかいないとされるマスタートレーナー達が立ち上げた協会もあります。 日本での代表的なnlp協会でいえばミレニアムジャパンやNLPーJAPANなどが挙げられるでしょう。日本の協会は基本的にはアメリカの協会のある流派から派生しているので日本独自の協会は存在しません。 このようにたくさんの協会がある理由はnlpは現在もなお発展し続けており、発展過程において独自のスキルや考え方があらわれその差異が大きくなり、一緒にやっていくのが困難になったことが主な原因です。