土嚢袋

状況に合わせて使用

昨今の災害対策として、各企業でも土のうを準備するなどの対策が進んでいます。その中でも、押し寄せてくる水や土を防ぐための手段として、土のうがあります。土のうは従来からある中に砂を入れるタイプと、水を吸って大きくなる吸水土のうがあり、保管スペースとコストを考えて、組み合わせて使用することです。

建設現場

会社をアピールする

今まで普通に見るだけで、何の感情も抱かずに素通りしてイメージシートを見ている人がほとんどでしょう。何でもないように掛けられているイメージシートですが、実は職人さんや会社の人達の沢山の思いが込められているのです。

作業員

仕様に際しての注意点

吸水土のうのは手軽に使える一方、従来の土のうとは異なる性質があります。まず比重が水と同じため、水中では浮きます。常に最上段が水面から出るように気をつけましょう。また吸水には数分かかるので、必ず使用前にバケツや水槽などで吸水させてから現場に設置しましょう。

作業現場

良い宣伝になる

建設現場に覆われるシートはイメージシートというもので、宣伝広告を載せることもあります。建設会社の良い宣伝になることもあるので有効活用しましょう。載せるのなら見栄えを重視し、目立つようにすることが大切です。

土嚢袋

安くて良い物を買うなら

吸水土のうを購入するなら、品質と価格を比較しましょう。安くて質の良い商品が欲しいときは、買う前に評判を調べてください。製造会社の創業年数を調べることも、質の良い商品を買うときに大切なポイントです。どれを買うべきか分からないときは、取り扱い店に行って質問してください。

広告宣伝ができる

作業現場

掲載効果で企業をアピール

戸建て住宅やマンション建設などを行なう現場で、社名や広告が掲示されていることが多い。これらをイメージシートと呼び、建設会社などが目にする人に対してのイメージアップや広告として活用されている。イメージシートを活用する目的には、いくつかのことがある。その大きな目的は、広告活動である。通常の企業では、看板広告を出したりすることで、その場を通る人などに対して広告活動が行われる。これと同じ効果として、建設現場に大きく目立つイメージシートを掲載することで広告活動とすることができる。また、イメージシートを活用することで新たな受注に繋げられる場合がある。イメージシートが掲載されている建設現場の建物を見た人などが、それを見ることで自分も同じような建物を建てたいと思う可能性が有る。それにより、新たな顧客獲得につなげる目的にもなる。イメージシートを活用する場合には、遠くからでも見えるように大きなものを掲載することがポイントである。その際、イメージシート状に多くの情報を掲載するのではなく、社名やキーワードなど端的な情報を与えることが重要である。また、イメージシートを見た人が興味を引くキーワードが掲載されることも、効果を高められる可能性が有る。イメージシートは主に広告目的であるが、建設中の建物保護や建設作業者保護の役割を果たすこともできる。建設現場をシートで覆う際、一部をイメージシート活用することで、両方の効果を得られる。